Home » 資金調達 » 起業家をも輩出する 海外のクラウドファンディングサイト10選

起業家をも輩出する 海外のクラウドファンディングサイト10選

(写真=Thinkstock)
(写真=Thinkstock/GettyImages)

海外では盛んなクラウドファンディング

インターネット経由によって、不特定多数の人が個人または組織に資金の提供や協力を行うクラウドファンディング。商品開発のアイデア・スキルあるお金の無いクリエイターや起業家が資金を集めるのに用いられている。日本で始まったのは2011年頃で規模はまだ小さいが、海外には膨大な金額を集め、起業家をも輩出するクラウドファンディングサイトが多数ある。今回は、海外の有名なクラウドファンディングのサイト、資金調達の事例を紹介する。

Kickstarter

1件で約2033万8986ドル(約20億8000万円)という史上最高額を調達したもあるアメリカが本拠地のKickstarter。この金額は2015年3月にスマートウォッチのPebble Techが立ち上げた新端末プロジェクト「Pebble Time」で達成したものだ。その前年にCooleset Coolerのプロジェクトで約1300万ドル(約13億3000万円)を集め、2012年にもPebble Techのプロジェクトで約1027万ドル(10億5000万円)を集めた実績がある世界最大級のサイトである

Indiegogo

Kickstarterと並んでアメリカの2強クラウドファンディングと呼ばれるのがIndiegogoだ。運用開始は2008年で、世界で最もくから存在するクラウドファンディングサービスの1つだ。これまでに集めた金額の累計は約8億ドル(約1000億円)にもなる。Indiegogoのキャンペーンがキッカケとなり、その後ベンチャーキャピタルから出資を受けるになったスタートアップも多く存在する。その額も累計約5億ドル(約600億円)にも上り、例えば、ロボットのJiboは約6000万ドル(約72億円) を調達しており、Indiegogoから誕生した巨大ベンチャーとえるだろう。

Crowdfunder

2011年12月にLAで設立したCrowdfunderは、アメリカ資本主義経済の革命児と呼ぶ人もいるベンチャー企業だ。共同経営者兼CEOのChance Barnett氏は「米国GDPの50%はスモールビジネスが作り出しているにも拘わらず、これらのビジネス領域に対し、米国全体でわずか2%の資本しか供給されていない」と話すなどスモールビジネスに資金を援助するの重要性を説いている。

RocketHub

サイトのメンバーは有名ブランドや企業と共同して潜在的な支援者にアピールし、より多くの資金を獲得する出来のがRocketHub。ビジネスというよりアートや社会性の高いプロジェクトが多いのも特徴だ。目標額を達成出来なかった場合は8%、成功したプロジェクトでも4%の手数料がチャージされる。

Crowdrise

Crowdriseは対照的で、社会問題に力を入れているサイトだ。例えば動物愛護文化教育医療宗教といった内容だ。その為、慈善事業専用のサイトとされているが、誕生日会結婚式同窓会などの個人プロジェクトに使われるもある。寄付をした人数に応じてポイントを得る出来るポイント制を導入している点が特徴である

SoMolend

SoMoLendは、クラウドファンディング型のビジネスローン提供プラットフォームだ。地域の起業家や事業者に向けて、既存の金融機関に代わる資金調達プラットフォームとなっている。その為、事業者は必要な資金額やビジネスの概要に加えビジネス実績クレジットスコアローン残高といった情報も求められる。

Appbackr

Appbackrはその名の通り、モバイルアプリ開発の為のクラウドファンディングサイトだ。開発中のアプリに対して投資家が資金を拠出する。実際に販売が開始されて高い価格で売れれば、投資家にその利益が還元されるという仕組みである

AngelList

起業家とこのエンジェル投資家をげるSNSがAngelListだ。Angel(エンジェル)投資家とは、創業間もない企業に対し、資金を供給するな個人の投資家のことだ。スタートアップ企業に投資したエンジェル投資家が自らの投資実績を公開し、投資してもらいたい起業家が株主情報を実名で公開するサービスである

Invested.in

アメリカで2010年に始まったInvested.inは、募集ジャンルにほとんど制限が無く、寄付を含むあらゆるプロジェクトを対象とする守備範囲の広いサイトだ。All or Nothing 型 と Perks-based型という2つのキャンペーンタイプを採用している。

Quirky

最後に悲しい話をしなければならないのが10位のアメリカ・Quirky。個人が商品アイデアを投稿でき、資金支援者から支持を集めて商品化されればロイヤリティを得られるというサイトで登録ユーザーは 113万人、実際に400以上の商品化されてきた実績がある。しかし2015年9月に倒産手続処理の申請を行ったのだ。クラウドファンディングが一筋縄で実現できるものではないことが伺えるだろう。

今後の日本のクラウドファンディング

いかがだっただろうか。以上のように海外、特にアメリカではクラウドファンディングで1つのプロジェクトに十億円以上という巨額の資金が集まることは稀ではないし、クラウドファンディングにより資金調達をし、ベンチャー企業が数多く生まれている。アメリカと比較すると日本のクラウドファンディングはまだまだ小規模ではあるが、昨今のクラウドファンディングの活況を考えると、Indiegogoから資金調達し、巨大ベンチャーになったJiboのような事例が日本で生まれる日も遠い未来ではないのかもしれない。