Home » 資産運用・節税 » 経営者が「不動産投資」を考えたらすべきこと

経営者が「不動産投資」を考えたらすべきこと

【Sponsored】  (写真= hywards /Shutterstock.com)
【Sponsored】 (写真= hywards /Shutterstock.com)

中小企業など非上場企業の経営者は、早くから税金対策や相続対策は講じておくべきだ。自社の経営が順調であれば、所有する自社株の価値があがるなど、個人でも法人でも資産が増えてゆくからだ。

そこで考えられる対策の一つが「不動産投資」。相続対策ではほかにも生命保険の活用などもあるが、効果の大きさから不動産投資については一度考えておきたい。

しかし一口に不動産投資といっても、いろいろな手法がある。果たして不動産投資を考えた経営者は何をすべきなのだろうか。

マンション? オフィスビル? 何がいい?

不動産投資には大きくわけて、1棟所有と区分所有がある。1棟は建物丸ごと購入するため投資額は大きくなるが空室リスクは下げられる。逆に区分所有は投資額を比較的抑えられるが、空室になったら家賃収入がなくなるなど、それぞれにメリット、デメリットがある。

どこの物件を買うのかも考えるべきポイントだろう。東京は人口も多いため入居者は見つけやすいだろうが、物件価格は高くなりがちだ。逆に地方は低額から投資できるが、人口が減っていることから入居者は都心より見つけにくいかもしれない。

また購入する物件としてはマンションやアパートなどのレジデンスが一般的だが、オフィスビルや倉庫という選択肢もある。

これらの点は企業経営者に限らず、一般的な不動産投資家も考えなければいけない内容だが、経営者にはさらに選択肢としてマンションやアパートを「社宅」として持つということも考えられる。

終身雇用が当たり前の時代は終わり、転職が珍しくなくなってきた現在。企業の悩みの一つに「せっかく育てた社員が転職してしまうこと」があることは想像に難くない。経営者は「いかに優秀な社員に残ってもらうか」に腐心しなければならない。

そして福利厚生の中でも重要なのが「住宅」に関するもの。多くのサラリーマンにとって、毎月の支出の中で最も大きいものは家賃だからだ。そう考えると、家賃補助(住宅手当)などの住宅に関する手当てを出したり、住宅そのものを提供したりすることは、社員にとって会社を評価するよい指標となるはずだ。

法人で不動産を持つメリットとして、経費を法人税における損金に計上することができることもある。個人で自宅などを買うのと違うのは、住宅ローンの金利や固定資産税、減価償却費などを所得税の必要経費にはできないが、企業なら損金計上ができる。損金計上して節税しつつ、借入金を返済していけば、実物資産としての不動産が残る点も見逃せない。

アルファ・インベストメントが提案したケース

1棟収益物件に特化した不動産会社であるアルファ・インベストメントは、こうした社宅への投資支援も始めている。それだけではなく、最近では米国不動産投資も投資先ポートフォリオに加えたという。

このように選択肢を多数用意しているのは、経営者、投資家それぞれの状況やニーズに応じたプランを提案するためだ。同社の社員だけでなく、税務や法務などのプロとともにチームをつくり、しっかりとサポートしてくれる。まず相談してみることで、数ある選択肢の中から自分にあったプランを提案してもらえるはずだ。

アルファ・インベストメントの新規顧客はほぼ既存顧客からの紹介だという。この点からは、いかに投資家が満足できる案件を生み出しているかが分かるはずだ。また関東近郊に本店・支店を持つ多数の金融機関に、上山眞文社長自ら足を運んで豊富なネットワーク、太いパイプを築いている。だから投資家それぞれの希望や事情に応じて、あらゆる金融機関やプランを提案できるというから心強い。

経営者だからこそできる、考えるべき不動産投資がある。節税や資産形成を考えたい経営者は一度気軽に相談してみてはいかがだろうか。

>> 節税・資産形成につながる不動産投資を考えたい