Home » 経営戦略 » 企業の実例に学ぶ!異業種でのビジネスにおけるポイントとは? – 株式会社メディアインキュベートの例

企業の実例に学ぶ!異業種でのビジネスにおけるポイントとは? – 株式会社メディアインキュベートの例

異業種でのビジネスにおけるポイントとは?

メディアインキュベート,異業種ビジネス,実例
(写真=BigLife21)

 

ペットに関するプロフェッショナルが、ペットと暮らす人やペット関連企業にさまざまな形で支援を行う「ペットスター」(http://media-incubate.com/petstar/)が、2017年4月にメディアインキュベートからリリースされた。

メディアインキュベートは、メディアの立ち上げと運用を支援する企業。

これまでにも大手紙メディアや放送局など、ジャンルを問わず企業のメディア支援に携わってきており、自社でもメディア運営や集客・マーケティング情報を発信する「メディアインキュベートラジオ」を配信している。

(写真=BigLife21)

 

メディアを通じた事業創造の実現や、メディア事業の支援に取り組む同社がなぜペット事業を立ち上げたのか?

そこにはいくつかの理由がある。

まずは、ペット事業に強みをもつ北川真帆氏との出会いだ。

北川真帆氏は、ドッグスクールやペットショップ勤務を経て独立。ペットに特化したライティングや、イベント、マーケティング活動など、様々なペットに関する事業開発を行う人物である。

「ペットとのよりよい暮らし」を実現する株式会社ESTproduce運営の住宅に対して、ペットに優しいインテリアや住環境のアドバイスを行なうほか、世界初・バンドサイズのLoRa+GPS搭載の見守りデバイス「みまもーら」のアドバイザーもつとめている。

(写真=BigLife21)

 

「北川真帆さんからは、ペットの殺処分の多さだったり、業界の抱える問題を教えていただきました。またペットを飼う方向けのしつけサービスだったり、ペット市場における特有のサービスがあることも知り、これらのことがペット事業への参入のきっかけとなりました」(メディアインキュベート・浜崎正己氏)

そして参入のもうひとつの理由として、市場に眠るチャンスと既存事業との相性の良さが挙げられるだろう。

日本のペット関連市場は年率1%程度で安定的に成長し、2015年度は1兆4689億円程度(矢野経済研究所調査)、16年度は1兆4845億円になると予測されており、大きな市場を形成している。

ペットの飼育頭数が近年、頭打ち傾向とされる一方、ペットに対する支出は増加傾向にあるといい、例えばペットフードでは、年齢別や犬種別、体格別、健康目的・症状ケア別などの商品の細分化・多様化が進み、飼い主のペットに対する健康志向の高まりがうかがえる。

こうした背景もあってか、体重計などの健康機器大手、タニタの前会長の谷田大輔氏も異業種からのペット業界参入へと乗り出したひとりだ。ペット向けに体脂肪計の開発、ヘルシー食堂の開設を目指しているという。

また、ペット保険市場でも、飼い主の需要にさらに応えるかたちで、ペットの健康維持・管理を目的とした商品やサービスの充実が進んでいくと予測されており、異業種からの参入も、それに伴いますます増えていくことが見込まれている。

「メディアのよいところは、とても汎用性があるということです。メディアインキュベートも異業種からの参入になりますが、我々の場合はメディア事業の強みを活かして、動画とメディアを活用した〝ペットをスターにする〟事業を現在進めています。

メディアインキュベートは、名前の通り〝メディア〟を活用して〝インキュベート〟する。事業を創造する企業です。過去にBiglife21(2017年4月号)でも掲載いただいた〝食〟と〝メディア〟で事業を行なうサケドアインキュベートも同様の取り組みです」(浜崎氏)

メディアインキュベート,異業種ビジネス,実例
(写真=BigLife21)

 

飲食店のプロフェッショナルであるサケドアの三浦祐輝社長と作った会社も、「食」と「メディア」を軸に、飲食企業の求人メディアや、集客を支援するメディアを立ち上げている。

「メディアインキュベートは、異業種に参入する場合、適切なパートナーと組むことをとにかく意識しています。ペット領域であれば北川真帆氏。飲食領域であれば三浦祐輝社長です。

自社での事業を伸ばすことはもちろんですが、リスク低減も考えて、自社の強みを生かして〝アライアンス戦略〟を組み、事業領域を拡大することは、今後のベンチャー・中小企業経営においても、一つの重要な選択肢になるように思います」(浜崎氏)

●プロフィール
浜崎正己(はまさき・まさき)氏
…大学卒業後、大手建機レンタル企業を経て兼松グランクス株式会社に転職し、WEBサイトのディレクターを経験。以降、GMOモバイルやザッパラスにて各種メディアのディレクション業務に携わり、2016年3月に株式会社メディアインキュベートを設立。メディアの立ち上げ・運用支援を手掛けるほか、メディアに特化したベンチャーキャピタルの設立も検討中。

●株式会社メディアインキュベート
〒104-0043 東京都中央区湊3丁目16-3 イトウビル2F
masaki.hamasaki@media-incubate.com

2017年6月号の記事より(提供:Biglife 21)

【編集部のオススメ記事】
できる社長は芸術が分かるものだ
電気代も支払える?「ビットコイン」の可能性
「不動産」でもフィンテック
地方起業─『君の名は』で注目される飛騨の魅力
仕事を創る町工場のホームページ活用法